今思うと、発達障害のような子供

好奇心の旺盛な子供でした。

記憶力が良くて、成績は体育以外は5段階評価で、5か4。

生活の評価はABCで、協調性はいつもB、公共心も時々Bでした。

授業はつまらないと他の事をしたり、考えたり、

算数は大好きで、いつも一番に手を揚げていました。

2年生の時、始業前に学校を用事で抜け出し、戻ってきて叱られた。

なぜ叱られるのか分からなかったけど、学校から勝手に出たら叱られる、、、、

という事は理解したと思います。

 

黒柳徹子さんの、トットちゃんと少し似たところがありました。

 

何でも臆せずに言いたいことを言うので、嫌う人もいたと思いますが、

仕切るのが好きで、学級委員もしていたから、目立つ存在でした。

時には、外される事もありましたが、苛められる事は無く、学校は好きでした。

 

手を使うのが好きだから、球技は好きでした。

足は遅くても、ボールのドリブルは早い方でした。

歌は音痴で上手ではありませんが、楽器の演奏は得意でした。

絵を書くのは苦手でしたが、図工は好きで良く誉められました。

 

4年生の時にそろばん塾に通い、5年生で2級に合格しました。

それが凄い事のように言われましたが、早すぎたのか、指が追いつかず

数字が多すぎてついていけないと、楽しくないので辞めました。

今でも計算は、電卓より筆算が好きで、暗算も得意です。

 

学校へ行きだしてから、父親の居ない子供が少ないを知りました。

両親揃っているのが普通で、片親は何だか外されている気分でした。

小学生の頃から、好き嫌いがはっきりしていました。

読み書きより、空想好きで、考える事が好きで、想像して遊んでいました。

シュタイナー教育の、ファンタジーな子供のようでした。

TVドラマの影響もあったと思います。

 

祖父母、養父母、実母、兄と私の7人家族で、女手は足りていましたから、

手伝いを強要される事も、躾けを教えられる事も無かったように思います。

学校の成績にも、それ程の関心も無く、あれこれ言われた記憶も無い。

ただ、祖父に逆らうと叱られるので、他人のような存在に感じてました。

私は自分のままに勝手に育った天然だと、今は思います。

走るのが苦手だった私がフルマラソン走り、車で東西を往復し、

会話で覚えた英語を話し、自分でするしかないので、パソコン覚えた。

それが必要と知り、興味を持てば、マイペースで学習できます。

それも、子供の頃の食や自然の暮らしが導いてくれたと思い、

亡き家族へ感謝します。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中